2018年01月02日更新

ジスロマックは突起に無効

抗生物質として様々な細菌やマイコプラズマ属、クラミジア属に対しても著効を示すのがジスロマックであり、多くの医療現場によって頻用されるものとなってきました。その信頼性の高さから通販によって入手して使用するという人も多くなってきているものの、それによって耐性菌の増加が見られるようになってきているのが問題視されてきています。特に用いる人が多いのが性行為感染症の人であり、医療機関を受診するのがはばかられてしまって自分で治療したいと考え、通販によってジスロマックを購入して服用してみるという人が増えてきています。その結果として、淋菌にはジスロマックに対して耐性を持つものが増えてきており、有効な治療薬として選ばれるものではなくなってきています。一方、クラミジアに対しては有効なことが多いのが現状です。特に小児期に重症化して不妊になってしまうリスクもあり、感染者も多いと知られていることから、よくわからずにとりあえずジスロマックでの治療を試みてみるという人も散見されるのが実態となっています。しかし、いかに有効な病原体が多いとはいえ、ウイルスに対して効果は示さないのがジスロマックであり、性器や肛門などに突起ができたのを感じてジスロマックを服用しても効果を期待することはできません。突起の原因はヒトパピローマウイルスと判断するのが適当だからです。特に尖圭コンジローマを発症するヒトパピローマウイルスに対する感染で生じる突起は特徴的な形状をしている場合が多く、視覚的にもわかりやすいことが多々あります。こういった場合には有効な抗ウイルス薬を使用する必要があり、ジスロマックを飲んでも治ることはないと理解しておくことが必要です。

関連記事

このサイトの情報

肺炎・性病に効果があるジスロマックの成分と効能及び特徴を細かく説明しています。大人から子供まで安心して利用出来る個人輸入型通販サイトの利用方法や通関手続きにも言及しています。

フォロー
google+TwitterFacebookハテナポケットフィード