中古ドメインで新規サイトやメールアドレスを組む理由

新規サイトやメールアドレスで中古ドメインを利用する方が増えています。特に新規サイトの構築では中古ドメインを使って組むことで大幅なPVを獲得することができると考えられており注目されています。新規サイトの場合、検索サイトでの評価が無いことが問題でした。検索サイトではコンテンツのチェックの速度が上がってきているとは言え、古くからあるドメインに比べて評価を上げることは用意ではありません。しかし、古くからあるサイトの評価を引き継げる中古ドメインの仕組みが見つかってから注目の的になっています。検索サイトではドメインの所有者やサイトの所有者についてはチェックはしないと考えられており、ある時点でのウェブサイトの情報を元に評価を作り、サイトがなくなってしまっても暫くの間は評価を残すと考えられています。そのため、評価が残っているうちに同様のサイトを立ち上げれば評価を引き継げるのです。もちろん、サイトの内容が似ている、もしくは同じカテゴリにない限りは評価を引き継げないのですが、現在の評価はドメイン検索ですぐに判定できます。ドメイン検索ではカテゴリ、キーワードがわかりますのでコンテンツ作成においてとても重要なポイントになります。また、引き継げるのはバックリンクもです。バックリンクとはSNSやブログなどでのリンクのことであり、サイトがなくなってもリンクが消されることはほぼありません。そのため、リンクを活かせるようにコンテンツを作ればPVの流入が期待できるのです。リンクの活かす方法としては相対パスが使われていればCMSの対応ですぐにできますし、絶対パスで作られている場合はいいね数やリツイート数をみて必要なリンクだけを手動で活かすことでPVの流入が期待できます。バックリンクは検索サイトでの評価にも生かされますので出来る限り復活させることでさらなるPVの流入が期待できることになります。ウェブサイトでの評価が特に注目される中古ドメインですが、メールアドレスでも効果が出ています。メールアドレスでの中古ドメインの効果はフィルタリングを突破できる可能性が高いことです。メールのフィルタリングソフトではブラックリストに入っているドメインと新規ドメインについて特に厳しいチェックをすることがわかっています。そのため、ドメイン履歴があるドメインを利用することでフィルタリングに引っかからずにダイレクトメールが送れるとして注目を集めているのです。

関連記事