中古ドメインとWhois

ブログやサイトを運営するにあたってアフィリエイトのSEO対策となる中古ドメインには経過年数のWhoisがあり、ドメイン名やIPアドレスに関した情報が参照できるサービスとして、これら情報をもとに購入や取得することができます。Whoisで提供される情報は貴重なものとなり、レジストラ名や登録年月日、有効期限、住所から名前まであらゆる情報が提供されています。Whoisの歴史は長く、1982年からの技術標準に関して記載されている文書には技術情報や仕様・運用規則などが定められたとあり、問題発生時のための連絡の際に利用されたり、商標準などのトラブル解決のためともなってインターネットの利用拡大とともに多様に使われるようになりました。SEO対策としてのドメインWhoisは、中古ドメイン選びにも重要とされていますが、実際は運用の経過年数が長いものやドメイン自体が古いもの、ジャンルの同じものなどがSEO対策に有利とかは関係なく、Whoisで確認できる経過年数も実は一度期限の切れたドメインの再取得情報には新しい取得年月日となってしまい、グーグルの認識においても新規のドメインとして認識されるので上記の条件などは有利かどうかには関係のないものとなっていましまいます。こういったことから、SEO対策としての中古ドメイン選びには、他の基準を理由に選ぶことで効果の高い中古ドメインを取得できることにあります。基本的には中古のドメインには取得して時点でリンクがついていることが基本となって、古いサイトなどからリンクを得ている条件のものが効果的とされ、運用経過の年数が長いサイトからのリンクとなった権威あるサイトとしてのSEO対策効果が高い理由となっています。他にも被リンクサイトに利用すると効果的となる理由や、評価の受け継ぎとなった評価の高いサイトとして認識される理由もあるので中古のドメインを取得される場合はこれらの理由を参考にするとよいでしょう。中古ドメインの取得方法には販売されているサイトでの購入でやすく購入することができます。また自分で取得も可能で、選ぶ際には被リンクの多いものを選ぶと良く、SEO対策としてインデックスのキャッシュなどに気を付けて、リンクの追加やコンテンツの増幅などして育てながらも種類や状況によってはコンテンツの削除やインデックス削除など、ツールを利用しながら検索上位を目指して行いましょう。

関連記事