中古ドメインを使う場合の特典と必要な査定

中古ドメインが買いやすくなっていますが、重要になってきたのが特典ばかり見ずに査定をしっかりすることです。中古ドメインの特典はいくつかありますが、もっとも大きいのはサイトの価値が最初から上げられる可能性が高い点です。サイトの価値はコンテンツの価値とも言えるものであり、PV増加には必須です。しかし、サイトの価値は上げるのが大変なので中古ドメインを使って以前からある評価をもらうのです。ドメインは作成日から履歴が残っており、検索サイトでもデータとして残している場合が多いです。そのため、過去のサイト履歴によっては価値があるサイトが作れることになります。2つめはバックリンクです。サイト履歴が残るということはバックリンクなども残ります。リンクについてはSNSでのリツートやいいねについても残ることに成りますのでサイトの価値と合わせて重要です。また、一部のカテゴリ制の検索サイトではカテゴリ情報も残る事になります。PVには重要案バックリンクですが、偽装するわけにもいきませんので時間と手間がかかることが多かったのですが、以前のサイト情報を利用することで大幅にコストが削減できます。3つめは移管のし安さです。ドメインは管理がとても簡単であり、サポート業者は移転が簡単です。特に更新料がある程度決まってきたこともあって扱いやすいサポート業者を選ぶ傾向が強くなっています。便利で特典の多い中古ドメインですが、利用にあたっては査定が重要です。査定ポイントは主に2つあります。1つはドメインの利用歴です。アダルトサイトを作らないならアダルトでの利用履歴は避けたいところですし、スパムでの利用も絶対に避けなくてはなりません。これらの情報はすべて残されていますから、購入前にしっかりとしたチェックが重用です。2つめはバックリンクです。SNSなどでドメインで検索すればどのような使い方がされていたかが分かります。利用履歴とこのバックリンクの履歴を合わせてチェックすることでサイトのカテゴリが予想できます。自分が作る予定のサイトのカテゴリと似ているのが理想です。また、生きているバックリンクからのPV流入もありますのでコンテンツがしっかりあっていれば一気にサイトの価値があがることになります。逆にコンテンツが異なれば価値が下がりますので慎重に選びたいところです。新規にドメインを取る場合も利用履歴がないかをしっかり調査してから購入したいものです。

関連記事