検索順位が上がりやすい当たりの中古ドメインとは?

当たりの中古ドメインを買った男性もともとあったバックリンクがそのまま使える中古ドメインですが、ドメインによっては当たり外れがあるためメリットも多い反面デメリットも多いものとなっています。しかし当たりのドメインにはある程度の共通点が存在しています。
そのひとつがバックリンクのドメイン数とアンカーテキストの内容です。サイトのコンテンツが他社の提供しているものと異なるオリジナル性に富んでいることはパンダアップデートからもご理解いただいているかと思います。その上でリンクの質がペンギンアップデートが施行された2013年以降求められるようになりました。
単一キーワードによる過剰なリンクはスパム扱いとしてグーグルのペナルティ対象となっています。そのため中古ドメインを選ぶときもリンク本数が異常に多いドメインはあまりよいドメインとはいえません。アンカーテキストが分散していたとしても、本数が多い=こちらが狙っているリンクを送る数が増えるということなので、コストパフォーマンス面でもあまり効果的ではないというわけです。
またリンク先のサイトがどのようなサイトかも確認しておいたほうがよいでしょう。すでにドメインが更新されておらず「Not Found」になる・リンクが消滅しているといった場合は、低品質リンクとして扱われる可能性があるので、可能な限り避けたいところです。すべてが無理だったとしても、その数を減らすだけで効果的なサイトを見極めることができますよ。
これらを調べるツールとしておすすめなのが「Ahrefs」です。上記でお伝えしたすべての要素を確認することができ、さらにオーガニックキーワード(検索上位100位の検索ワード)を見ることができます。キーワードの検索ボリュームやドメインの一斉比較もできるので、ドメインの価値を調べる目的での利用も可能です。月額10,000円強となっており、ややお値段の張るサービスではありますが、価格以上の価値があるので、まだ利用したことがない方はぜひ活用してみてください。
ツールを使用してドメインを調べていけば、よいドメインと悪いドメインの区別や差が分かってくると思います。順位を上げるためには「コンテンツ」と「被リンクの質」が非常に重要となっているので、要点をまとめてサイト作成をしていきましょう。編集が必要なポイントさえ抑えておけば、順位を一気に上げることもできます。中古ドメインを上手に活用して上位表示に役立ててくださいね。

関連記事