楽天市場系でも重要な中古ドメイン移行の認証コード

認証コードのイメージ楽天市場の商品紹介サイトを作る場合、新規のコンテンツなのでドメインを取る方が多くなっていますが、その際、中古ドメインを利用することで検索サイトなどに良い影響があると考えられています。中古ドメインの効能は主に3つあります。1つは検索サイトでの評価が前のサイトの評価を得た状態でチェックされることです。以前利用されていたサイトのバックリンクや検索サイトでのインデックス状態などは継続されることが多いので、全くの新規のサイトであってもいきなり検索上位に表示されることは可能です。また、コンテンツがだいたい同じサイトが2つある場合はドメインの価値で表示順位が変わることが多くなっています。

中古ドメインについては譲渡がとても簡単です。ドメイン維持費の有効期間がある程度長ければインターネット上ですべての作業が終わることが多くなっています。作業としては認証コードのやり取りだけなので数日で終了します。一度譲渡されればその後は維持費を支払うだけです。手数料は一度かかりますがそれほど高くはありません。中古ドメインの譲渡がとても簡単なこともあり、転売屋も多くなってきています。

中古ドメインは効果が高いということは知らない方がいない程になっていますが、注意したいポイントが2つあります。1つはブラックリストに載っていないドメインを選ぶことです。ブラックリストはメール、サイトそれぞれ存在しており、無料でチェックできるサービスが人気となっています。また、ブラックリストに載ってしまった場合、時間が経てば削除される場合もありますが、検索サイトや企業でのフィルタリングサービスなどでは残り続ける場合が多くなっています。一部のサービスではブラックリストから削除申請可能な場合もありますが、検索サイトやフィルタリングサービスでは受け付けないことが多いです。安易に買わず、必ず事前チェックをしてから購入したいものです。2つめはサイトの履歴です。ブラックリストに載っていない場合でも旧サイトとまったく違うカテゴリでサイトを作ると効果が出づらいと考えられています。特に検索サイトではコンテンツ自体を評価する仕組みが定着してきているので旧サイトとあまりに違いすぎるコンテンツは新規コンテンツとして扱われる事が増えています。その場合、バックリンクも無視されてしまうケースも出てきており、ドメインを選ぶ場合はサイト履歴をチェックするサービスも使ってしっかり選びたいものです。

関連記事